ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

名古屋南部地域での取り組み

第1回 服薬アドヒアランス向上のために薬剤師ができること

印刷用PDF

今回は、「服薬アドヒアランス向上のために薬剤師ができること」と題し、名古屋南部地域に導入されている「統一吸入指導箋」の導入経緯とその目的について、名古屋掖済会病院副薬剤部長の中村敏史先生と、中部労災病院主任薬剤師の中根茂喜先生に、お話をお伺いします。

名古屋掖済会病院
副薬剤部長
中村敏史先生

中部労災病院
主任薬剤師
中根茂喜先生

――現在、名古屋南部地域で用いられている「統一吸入指導箋」ですが、どのような経緯で作成されたのでしょうか。

中村先生:
統一吸入指導箋ができる前までは、それぞれの病院が独自の吸入指導箋を用いて、患者様に対して、それぞれの吸入指導を行っていました。そのような中、院外処方への移行もあり、「地域で統一した吸入指導箋を作ってほしい」という声があがりました。それがきっかけで「名古屋南部地区吸入療法を考える会」が立ち上がり、地域で「統一吸入指導箋」作成への取り組みが始まりました。

中根先生:
作成にあたっては、中京病院の野﨑裕広先生が作成した指導箋をベースとして、中部労災病院から私が、名古屋掖済会病院からは中村先生が、そして地域の保険薬局の立場から、大津先生と、松栄堂薬局の松波晋平先生が代表となり、実際に吸入指導を行う薬剤師の視点から、必要な指導項目を盛り込んだり、新規薬剤の追加などを行いました。

中村先生:
忙しい保険薬局で、短時間に適切な吸入指導を行うために、どのような指導箋にすべきかを皆が知恵を絞って作成しました。多くの薬剤師が、それぞれの立場の視点を盛り込んだ統一吸入指導箋は、私の所属する名古屋掖済会病院の副院長山本雅史先生、中根先生の所属する中部労災病院呼吸器内科部長の松尾正樹先生、そして吸入指導箋のベースを提供してくださった中京病院の野﨑先生に最終確認をしてもらい、そのうえで、運用が始まりました。

――地域で統一吸入指導箋を活用するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

中根先生:
大きく2つのメリットを感じています。
1つは、指導箋ごとにばらばらだった文章、表現が統一されたことです。
指導内容を含めた表現を統一したことで、多くの薬剤を取り扱う薬剤師にとって指導しやすくなりました。
もう1つは、指導内容の質が指導者である医療従事者の経験や知識、技能によって左右されなくなったことです。つまり、吸入指導の質の統一化がはかられるようになり、患者様が名古屋南部地域のどの病院、保険薬局に行っても同じ指導が受けられるようになりました。

中村先生:
中根先生があげてくださったメリットに加え、導入後はこれまで以上に薬薬連携が活発になり、病院と地域の保険薬局との結びつきが強固になったこともメリットの1つです。
今回作成した統一吸入指導箋には保険薬局からのフィードバック欄を設け、指導結果を病院と保険薬局で共有し、双方向性のコミュニケーションをとれるようにしました。これは、今まで病院から一方通行であった情報の流れを改善し、保険薬局にとっても、このフィードバック欄を活用することで、病院に情報を伝える手段ができたというメリットです。

中根先生:
それと、今回作成した「統一吸入指導箋」は、患者様への吸入指導に用いるだけではなく、保険薬局内での吸入指導の教材としても活用していただいているようですよね。

中村先生:
地域の保険薬局に受け入れられて、私たちが想定する以上に活用していただけているのが嬉しいですね。

――ありがとうございました。
次回は、統一吸入指導箋の実際の運用についてお伺いしたいと思います。