ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

choice_de _mail_cs6

文献情報

パーキンソン病 medwireNews

医療ニュースサイトmedwireNewsに掲載されたパーキンソン病に関連するニュースをご紹介します。 英文記事(ネイティブスピーカーによる音声読み上げ機能付き)、和訳記事をPDFにて閲覧、出力することが出来ます。

※ 英語ニュースの音声が視聴できない方はこちらをご参照ください。

medwireNewsは、Springer Healthcareが運営している医療業界者向けの独立性の高いニュースサイトです。2000年からサービスを開始し、注目すべきニュースを1日平均20本配信しています。medwireNews編集部では、国際的に認知されているジャーナル(学術誌)の論文、国際学会の速報、医療基礎研究の報告を情報ソースとしています。これらのニュースは、急速に発展をする医療開発や臨床試験の現場に向けて最新の研究結果をお伝えすることを目的に、経験豊かなメディカル・エディターによって最新かつ信頼できるニュースを配信しています。
掲載されたニュースには海外で実施された試験が含まれており、本邦で承認されている効能・効果および用法・用量とは異なる場合があります。掲載の情報は第3者機関により提供されており、グラクソ・スミスクライン株式会社が内容について関与するものではありません。日本語レビューの精度については細心の注意を払っておりますが、その情報の正確性、通用性、完全性については、いかなる責任を負うものではなく、保証するものではありません。 

最新号 Vol.23

嗅覚機能によるパーキンソン病の予後予測の可能性

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Neurology. 2015 Oct 13;85(15):1270-5.

パーキンソン病患者における認知機能の低下は高頻度にみられ、急速に進行する

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Neurology. 2015 Oct 13;85(15):1276-82.

軽度幻覚はパーキンソン病の運動症状の先行症状である可能性

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Mov Disord. 2015 Sep 26. [Epub ahead of print]

Vol.22

被殻のセロトニン神経支配はレボドパ誘発ジスキネジアの前兆となる

By Lucy Piper, Senior medwireNews Reporter
Neurology. 2015 Sep 8;85(10):853-60

臨床因子および遺伝因子を組み込んだアルゴリズムによるPDの予測

By Lucy Piper, Senior medwireNews Reporter
Lancet Neurol. 2015 Oct;14(10):1002-9.

認知機能障害はPD前駆症状の一つかもしれない

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Mov Disord. 2015 Aug 21. [Epub ahead of print]

Vol.21

神経内科医はパーキンソン病患者の終末期ケアに重要な役割を果たす

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Neurology. 2015 Aug 4;85(5):413-9.

DBSはパーキンソン病患者の皮質可塑性を促進する可能性がある

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Neurology. 2015 Aug 4;85(5):425-32.

パーキンソン病における認知機能の早期変化は白質障害に関連する

By Eleanor McDermid, Senior medwireNews Reporter
Mov Disord. 2015 Jul 22. [Epub ahead of print]