ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

疾患別チャート

Go To Close Top

当サイトの内容は2015年10月末時点の情報を元に作成しています。
最新の情報は各制度の担当窓口にお問い合わせください。

パーキンソン病

医療費助成制度
ホーエン・ヤール重症度による分類

ホーエン・ヤール重症度による分類

※1 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

その他に考慮する症状

  • 認知症の症状が見られる → 認知症

生活支援制度
必要な支援の種類

※1 日常生活の介助:入浴、排せつ、食事などの介助

調理、洗濯、掃除等の家事援助
生活に関する相談、助言
創作的活動、生産活動の機会の提供 など

※2 介護保険以外での利用は、医師が必要であると認定した場合。

健康状態の観察と助言、検査・治療促進のための看護、日常生活の看護、療養環境改善のアドバイス、在宅リハビリテーション看護、介護者の相談、精神・心理的な看護、様々なサービス(社会資源)の使い方相談、認知症の看護、終末期の看護 など 公益財団法人 日本訪問看護振興財団

※3 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

※4 医療保険で訪問看護が利用できる患者の条件 →訪問看護について

生活費を支援する制度

てんかん

医療費助成制度
発作の回数/年による分類

※医師にてんかんと診断されていて、発作を抑える薬を飲み続けている場合
※1 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

その他に考慮する症状

※2 20歳以上の方で療育手帳の取得を申請する場合、カルテなど、18歳未満のころから知的障害であった証明が必要になります。

 

生活支援制度
必要な支援の種類

※1 日常生活の介助:入浴、排せつ、食事などの介助

調理、洗濯、掃除等の家事援助
生活に関する相談、助言
創作的活動、生産活動の機会の提供 など

※2 介護保険以外での利用は、医師が必要であると認定した場合。

健康状態の観察と助言、検査・治療促進のための看護、日常生活の看護、療養環境改善のアドバイス、在宅リハビリテーション看護、介護者の相談、精神・心理的な看護、様々なサービス(社会資源)の使い方相談、認知症の看護、終末期の看護 など
公益財団法人 日本訪問看護振興財団

生活費を支援する制度

※3 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

※4 医療保険で訪問看護が利用できる患者の条件 →訪問看護について

脳卒中の後遺症による痙縮

医療費助成制度
後遺症のある指もしくは四肢の数 ※1

※1 痙縮の度合いがある程度固定されていて、回復が見込めない場合
※2 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

その他に考慮する症類

生活支援制度
必要な支援の種類

※1 日常生活の介助:入浴、排せつ、食事などの介助

調理、洗濯、掃除等の家事援助
生活に関する相談、助言
創作的活動、生産活動の機会の提供 など

※2 介護保険以外での利用は、医師が必要であると認定した場合。

健康状態の観察と助言、検査・治療促進のための看護、日常生活の看護、療養環境改善のアドバイス、在宅リハビリテーション看護、介護者の相談、精神・心理的な看護、様々なサービス(社会資源)の使い方相談、認知症の看護、終末期の看護 など
公益財団法人 日本訪問看護振興財団

※3 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度
※4 医療保険で訪問看護が利用できる患者の条件 →訪問看護について
※5 指定難病に認定された場合、特定医療費受給者証で訪問看護を受けられることがあります →難病法による支援

生活費を支援する制度

認知症

医療費助成制度

※1 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度

その他に考慮する症類

生活支援制度
必要な支援の種類

※1 日常生活の介助:入浴、排せつ、食事などの介助

調理、洗濯、掃除等の家事援助
生活に関する相談、助言
創作的活動、生産活動の機会の提供 など

※2 介護保険以外での利用は、医師が必要であると認定した場合。

健康状態の観察と助言、検査・治療促進のための看護、日常生活の看護、療養環境改善のアドバイス、在宅リハビリテーション看護、介護者の相談、精神・心理的な看護、様々なサービス(社会資源)の使い方相談、認知症の看護、終末期の看護 など
公益財団法人 日本訪問看護振興財団

※3 75歳以上あるいは65歳以上で一定以上の障害があると認定された場合 →後期高齢者医療費制度
※4 医療保険で訪問看護が利用できる患者の条件 →訪問看護について
※5 指定難病に認定された場合、特定医療費受給者証で訪問看護を受けられることがあります →難病法による支援

生活費を支援する制度