ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

専門医&コミュニケーション専門家が対談! 患者さんとの対話術

患者さんの「総合満足度」向上をめざす先生方のために。日々の診療における患者さんとのコミュニケーションに役立つ情報を、対談を通じて紹介します。

ドクター対談

第4回:患者さんに、話しづらいことを話してもらうために

  ̶ 前立腺肥大症患者さんを例に ̶

患者さんとのコミュニケーションに役立つ情報をお届けする『患者さんとの対話術』。
第4回目は、一般医(General Practitioner、GP)として幅広い経験を持ち、医療コミュニケーションの分野でも活躍されている箕輪良行先生と、泌尿器の専門医である北海道大学病院の橘田岳也先生のお二方に、「患者さんに、話しづらいことを話してもらうために」をテーマに、前立腺肥大症患者さんを例に挙げてお話しいただきました。

(写真 右)
独立行政法人
地域医療機能推進機構
東京高輪病院総合診療研修顧問
箕輪 良行 先生

(写真 左)
北海道大学病院 泌尿器科講師
橘田 岳也 先生