ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

吸入方法

エリプタ(吸入器)ラインナップ

レルベア*

(喘息/COPD治療配合剤)

アニュイティ

(吸入ステロイド喘息治療剤)

アノーロ

(COPD治療配合剤)

 

エンクラッセ

(長時間作用性吸入気管支拡張剤)

COPDの適応症を有するのはレルベア100エリプタのみです

エリプタの特性

カウンター

  • 薬の残りの使用回数が表示されます。未使用の状態では、最大使用回数が表示されています。
    「7」「14」「30」の3種類があります
  • 薬の残りが「9」以下になると、左側が赤色に変わります。
  • 薬がなくなり、カウンターが「0」になった後にカバーを開けると、カウンター表示が赤色に変わります。

マウスピース(吸入口)

拡大図

吸入の確認について

薬が吸入されると、わずかな甘味や粉の感覚を口の中に感じます。甘味や粉の感覚がない場合は、うまく吸入できていない可能性がありますので、カバーを開け閉めせずそのままで吸入だけを1~2回繰り返してください。カバーをいったん閉めた後、開けると次の薬が準備されます。

保管注意

  • 包装トレイは使用開始直前に開封してください。
  • 包装トレイを開封後は6週間以内に使用してください。薬が残った場合、保管しないで廃棄
     してください。
  • 高温多湿を避けて室温で保管してください。

エリプタのお問い合わせは、カスタマー・ケア・センター

TEL:0120-562-306(9:00~18:00/土日祝日および当社休業日を除く)
FAX:0120-561-047(24時間受付)

エリプタの使い方

エリプタは年齢にかかわらず
誤操作の少ないデバイスです

40歳以上の被験者において

エリプタは、患者さんの使いやすさを考えて
1日1回1アクションで簡単に操作できるよう設計されました
[1]

[1]レルベア承認時評価資料

【お願い】
お薬がムダになってしまうので、吸入するとき以外はカバーを開けないでください

(1) カバーを「カチッ※」と音がするまで開ける

  • 吸入の準備完了です。カウンターの数が1つ減ったことを確認してください。
  • カバーを開け、吸入せずに閉じた場合、その1回分は吸入できません。

(2)「フーッ」と息を吐き出してから、マウスピース(吸入口)をくわえ思いっきり「スーーーッ」と深く吸い込む

  • 無理をしない程度に息を吐き出してください。
    マウスピース(吸入口)に息を吹きかけないよう、注意してください。
  • 吸入器から口を離し3~4秒程度、息を止め、その後ゆっくりと息を吐き、いつも通りに呼吸してください。

(3) 吸入後はうがいをする

  • のどや口の中に残っている薬を、洗い流しましょう。
    うがいは、副作用の予防になります。
  • マウスピース(吸入口)を拭く際は、乾いたティッシュペーパーなどを用い、カバーを閉じる前に行ってください

吸入を忘れた場合の対処方法

通常通りに吸入できなかった場合は、気が付いた時点で、速やかに1回分を吸入してください。次の日からは、通常の時間帯に1日1回1吸入してください。吸入を忘れていた場合でも、1日1回を超えて吸入しない、一度に2回分を吸入しないよう、注意しましょう。

エリプタの吸入方法

Video player requires JavaScript enabled. You can download this video here: https://video.healthgsk.jp/content/dam/HCP%20Japan/ja/movies/h/anoro/product-characteristics/1_ellipta_seijin.mp4

ANRX-00153

エリプタの吸入方法(短縮版)

ANRX-00149

アノーロ エリプタの吸入方法に関するお問い合わせは、カスタマー・ケア・センター
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-6-15
TEL:0120-562-306(9:00~18:00/土日祝日および当社休業日を除く)
FAX:0120-561-047(24時間受付)

[1]レルベア承認時評価資料

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。