ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

上肢痙縮・下肢痙縮

ガイドラインにおけるボツリヌス療法の位置づけ

日本脳卒中学会、日本脳神経外科学会、日本神経学会、日本神経治療学会、日本リハビリテーション医学会により作成された2015年の脳卒中治療ガイドラインにおいて、上下肢の痙縮に対するボツリヌス療法は推奨グレードAとされています。

 

脳卒中治療ガイドライン 2015 ―痙縮に対するリハビリテーション―

ボツリヌス療法:上下肢の痙縮に対し、グレードAで推奨

グレードA:行うよう強く勧められる(1つ以上のレベル1の結果)

  • 上肢の痙縮に対して、上腕、前腕および手指筋群へのボツリヌス毒素の注射は、上肢の痙縮の軽減、関節可動域の増加および日常生活上の介助量軽減に有効である(レベル1、レベル2、レベル4、レベル2)。
  • 下肢の痙縮に対して、ボツリヌス毒素を下腿筋群に注射することは、下肢の痙縮の軽減に有効である(レベル2、レベル2)。
  • ボツリヌス療法では定期的に痙縮の評価を行い、効果の減弱に合わせて反復治療を行うことにより、長期的な痙縮の改善効果が期待できる(レベル3)。

レベル1:ランダム化試験またはn-of-1試験のシステマティックレビュー
レベル2:ランダム化試験または劇的な効果のある観察研究
レベル3:非ランダム化比較コホート/追跡調査
レベル4:症例集積研究、症例対照研究、またはヒストリカルコントロール研究

日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会編. 脳卒中ガイドライン2015, 協和企画, 東京, 2015:295-298

本コンテンツは日本国内の医療従事者向けです。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。
ボトックスは、米国法人のアラガンインコーポレーテッド(米国アラガン社)が有する登録商標です。