ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品特性

QOLの持続的効果

「併用療法」によるQOLの改善 [CombAT試験]〔海外データ〕
アボルブとα遮断薬の「併用療法」により、投与開始3ヵ月よりQOLの改善効果が得られ、その効果は4年間にわたって認められました

IPSS Q8(QOL)スコアの変化量の推移〔CombAT試験〕

CombAT試験では、α1遮断薬(タムスロシン)は国内承認用量(0.2mg/日)以上の0.4mg/日が用いられています。

[Montorsi F et al:Int J Clin Pract 64(8):1042-1051, 2010]

試験概要はこちら

「効能・効果」、「用法・用量」、「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「禁忌を含む使用上の注意」については製品添付文書をご参照ください。

●効能・効果に関連する使用上の注意
前立腺が肥大していない患者における有効性及び安全性は確認されていない。[国内臨床試験では前立腺容積30cc以上の患者を対象とした(「臨床成績」の項参照)。]

アボルブによるQOLの改善〔海外データ〕

アボルブの投与により、
患者さんの「QOL」が有意に改善します

アボルブは投与12週(3ヵ月)後から、QOLおよびIPSSの各項目のスコア(蓄尿症状、排尿症状)を有意に改善させました。

IPSSの各質問項目別の変化量 (24週間)

[Desgrandchamps F et al:BJU Int 98(1):83-88, 2006]

試験概要はこちら

「効能・効果」、「用法・用量」、「効能・効果に関連する使用上の注意」、「用法・用量に関連する使用上の注意」、「禁忌を含む使用上の注意」については製品添付文書をご参照ください。

  • 効能・効果に関連する使用上の注意
    前立腺が肥大していない患者における有効性及び安全性は確認されていない。[国内臨床試験では前立腺容積30cc以上の患者を対象とした(「臨床成績」の項参照)。]

更新年月 2015年1月

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。