ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品解説

エキスパートが語る! BPH治療Up-to-date

前立腺肥大症(BPH)の病態や最新の治療法、日常診療のポイントなどについて、泌尿器科のエキスパートの先生方からコメントをいただきました。

※本コンテンツは音声が出るため、スピーカーの音量にご注意ください。

更新日:2016年12月21日

進行性疾患であるBPHと進行リスクの予測因子

【編集協力】

Chairman Department of Urology, Professor of Urology,
The University of Texas Southwestern Medical Center, USA
Claus G Roehrborn, M.D.

BPH治療において、「BPHの進行」を念頭におき治療にあたることはとても重要とされています。
そこで、「進行性疾患」であるBPHと進行リスクの予測因子について、アボルブの多くの大規模臨床試験に携わっておられる、アメリカの泌尿器科のエキスパート、Roehrborn先生にお話を伺いました。

動画を見る

 

更新日:2016年3月30日

PSAに関するアボルブの適正使用情報
~アボルブ投与後に前立腺生検を実施したBPH患者の臨床病理学的検討~

【編集協力】

東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科 准教授 神谷 直人 先生
東邦大学医療センター佐倉病院 泌尿器科 助教 遠藤 匠 先生

アボルブの投与中は、「前立腺癌」を見逃さないよう、PSA値の変動パターンを注意深く観察する必要があります。
そこで、PSAに関するアボルブの適正使用情報について、自験例を中心に、東邦大学医療センター佐倉病院の神谷先生と遠藤先生にお話を伺いました。

動画を見る

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。