ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品特性
アノーロの作用機序

アノーロはCOPDによる労作時の息切れを改善します

異なる作用機序の気管支拡張薬の併用は気管支拡張薬単剤の用量を増加させるよりも有効性を高め、副作用のリスクを低下させる可能性があります[1]

  1. Global Strategy for the Diagnosis, Management, and Prevention of COPD,
    Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease(GOLD)2014
  2. Cazzola M, Molimard M: Pulm Pharmacol Ther 2010; 23(4), 257–267
  3. Jones R, Østrem A: Prim Care Respir J 2011; 20(1), 33–45

 

治療初期から気管支拡張薬の配合剤で治療することで、COPD患者さんの活動性を改善できると思われますでしょうか?

アノーロ エリプタ作用機序

Video player requires JavaScript enabled. You can download this video here: https://video.healthgsk.jp/content/dam/HCP%20Japan/ja/movies/h/anoro/product/online/mechanism/mechanism.mp4

アノーロの作用機序を動画でご覧いただけます(約3分)

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。