ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

製品特性
ICS/LABAとの使い分け

COPDの代表的な症状は
ありふれた『息切れ』や『咳・痰』などのため
COPDと気付きにくいことがあります
[1]

  1.  Radin A et al:Am J Med 2008;121(7),S3-S12

主に「息切れ」症状を有する
患者さんタイプ





 

LAMA/LABA† が適した患者さん
の可能性があります

アノーロは、LAMAとLABA† の配合剤です
COPD患者さんの労作時の息切れを改善し、活動性の向上が期待できます

* LAMA:長時間作用性抗コリン薬
† LABA:長時間作用性β2刺激薬

アノーロの特性へ

慢性気管支炎症状を有する
増悪リスクの高い
[2]患者さんタイプ

増悪は慢性的な気道の炎症が関与していると考えられます[3]

 [2]Burgel PR et al:Chest 2009; 135(4), 975-982

 [3]Bhowmik A et al:Thorax 2000, 55(2), 114-120

ICS /LABA† が適した患者さん
の可能性があります

アドエアはCOPD患者さんの増悪を抑制し、入院や予定外受診、抗菌薬/ステロイド処方などを減少させます

‡ ICS:吸入ステロイド薬

製品名はすべて、グラクソ・スミスクライン、そのライセンサー、提携パートナーの登録商標です。
製剤写真及びPDF資料は、患者指導の目的に限りダウンロード頂けます。