ここから先は外部サイトへ移動します

これからアクセスしようとしているウェブサイトの内容は、グラクソ・スミスクライン株式会社によって管理されているものではありません。その正確性、安全性、信頼性はグラクソ・スミスクライン株式会社が保証しているものではないことをご了承ください。

続ける

戻る

診断・治療サポートツール

喘息予防・管理ガイドライン2015 医療関係者向け気管支喘息説明スライド

喘息の定義、目標、重症度分類、薬物治療、患者さんとのコミュニケーションなど、ガイドラインの主要な図表や文言を中心に、ダウンロードしてご利用いただける医療関係者向け説明スライドセットをご提供しています。

喘息コントロールテスト - ACT, C-ACT

簡単な質問をチェックするだけで、患者さん自身が現在の喘息のコントロール状態を点数で判定できるのが、この喘息コントロールテスト(ACT)です。

喘息コントロールテストには成人用(12歳以上)と小児用(4~11歳)用の2種類があります。12歳以上の患者さんには「喘息コントロールテスト」を、4~11歳の患者さんには「小児喘息コントロールテスト」をご使用ください。

喘息コントロールテスト - ACT(12歳以上対象)

このテストでは、12歳以上の喘息患者さんの現在のコントロール状態を確認することが出来ます。

チェックの仕方

各質問について、該当する回答の〇をクリックしてください。クリックすると右側にこの質問に対するあなたの点数がでます。質問5までクリックしてください。すべての質問をクリックすると合計点が表示されます。

小児喘息コントロールテスト - C-ACT(4~11歳児対象)

このテストでは、4~11歳の喘息のお子さんの現在のコントロール状態を確認することが出来ます。

チェックの仕方

各質問について、該当する回答の〇をクリックしてください。質問1~4をお子さんが、また、質問5~7を保護者の方が回答してください。もし、お子さんが文章では判断できない場合には、ご自身の状態に近い顔を選ばせてあげてください。〇をクリックすると右側にこの質問に対するあなたのお子さんの点数がでます。すべての質問をクリックすると合計点が表示されます。

「喘息コントロールテスト」を用いた喘息教育を推奨している団体

・Allergy &・Asthma Network Mothers of Asthmatics

・American Academy of Allergy Asthma & Immunology

・American Academy of Pediatrics

・American College of Allergy, Asthma & Immunology

・American College of Chest Physicians

・American College of Emergency Physicians

・American Lung Association

・American Pharmaceutical Association

・American Thoracic Society

・Association of Asthma Educators

・Asthma and Allergy Foundation of America

・League of United Latin American Citizens

・National Business Coalition on Health

・National Medical Association

・Public Library Association